スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今更ですが、今年の8月はブルームーンという1ヶ月に2回満月が見れる日がありました。
ぼんやりなアタシ、な~んも知らずにおり、
「いや~大きくてキレイなお月様だな~」とのんきに眺めていたら、
友達がそれを教えてくれました。

科学、いや、理数系にからっきし弱いアタシは
さっぱりその理屈はわからないのですが、キレイな月や星空を見るのは大好き。
今年の十五夜が雲に隠れていたのは残念でした。

そこで、ふと、思い出したのが、

小さい頃、「月にはウサギさんがいるんだよ、
餅つきしているように見えるでしょう?」
というロマンチックな?話を聞いたとき、

じーっと月を眺め、
(え、どうして?
私にはそう見えない!)
と、口には出せず、心でつぶやいた小さな自分を思い出しました。
小さいころから頑固だったな~
こればかりは、幾つになっても、かわらないようです。(笑)

そんな今年の十五夜は、父母の49回目の結婚記念日
来年は銀婚式?? いやいや金婚式だそうです。
よく持ってるな。





スポンサーサイト

ステーブ・ジョブス


環境がら、MACを使っている友達、知人が多くて名前くらいは知っていましたが、
彼がどれだけ偉大な人だったかとうことを、亡くなってあらためて知りました。

きっと、世界中にはそんな方が沢山いたことでしょう。
ニュースで放映されたコメントを聞いて本当にすごい人だったのだな~と改めて思いました。
アイシュタインのように?宮沢賢治のように??
いつの時代にも「天才」と呼ばれる方はいるのですね。

我が家では、私の感動具合を見てなのか、
まったくマシンには疎い我が家の母もこの人そんなにすごい人なの?
とジョブスに興味が湧いたらしく「ここに名前を書いてちょうだい!」
とメモ用紙を渡され、仕方なくカタカナで書いて渡しました。


こんなジョブスを発見!もうみなさんはご存知でしょうか?
MACで肖像ができるとは思っていなかったことでしょう。
お時間ある方、是非見てみてくださいませ。



http://www.cultofmac.com/121719/check-out-this-astonishing-portrait-of-steve-jobs-made-from-macbook-parts/

時短レシピ

東日本大震災より2ヵ月が過ぎました。
改めまして、被災されたみなさまへ心からお見舞いを申し上げます。

マ・シェリとして、そして、マ・シェリスタッフとして被災地のみなさまへ
自分たちができることを一緒懸命に考えながら、
少しでもお役に立つことができればと思っています。

さて、過日のマ・シェリ(No.822)では、お家で出来る省エネ提案で、
時短・エネルギーの節約(省エネ)&簡単のレシピをご紹介しましたが、
その中の一つ、『トマト風味スバゲティ』
私も早速チャレンジしてみました。
なんとこれが、ホントに簡単で、そして美味しい!(自画自賛)
誰でも間単つくれて失敗がありません。

パパでもお子様でもOK、しかもお鍋一つで出来てしまい、洗い物も少ないと良いことづくしです。
停電時でも卓上コンロ、トマトジュースと水、パスタさてあれば美味しく作れますよ。

是非みなさん一度お試しください




ウィンブルドン

スポーツつながりです。

今年もワールドサッカー盛上がりましね~
始まる前までは、さっぱり選手の顔と名前が一致しない私でしたが
勝ち進むにつれて、ぐんと好きな選手が増えました

ミーハーなアタシとしては、本田選手にも魅かれますが、
やはり何といっても闘莉王!、日本人より日本人らしい感じがたまりません。
そしてキャプテンの長谷部、いずれもイケメンかしら(^^;
今年の日本代表メンバーのコメントはこれまでのサッカー選手と一味違う
ように感じました。
なんていうか、軽くないっていうのかな、、、。

タイトルと全く関係の無い内容になりましたが
そうそう、私が書きたかったのはもう一つ!
ウィンブルドン男子決勝戦です。
優勝者R・ナダル(スペイン)の華麗なプレーにも心が奪われてしまいました。
やっぱりスポーツできる男性ってステキだな~



おにぎり

「じゃじゃ麺」「うどん」のあとに「米」の話です(^^;

さて、おにぎりをコンビニやスーパーで買うというのがごく当たり前になった昨今ですが、私が最近スーパーでおにぎりを買うときに小さく葛藤するのが、海苔が直播のおにぎりにするか、否か。
御飯にしっとりとした海苔がいいか、パリッとした海苔がいいか、のごく小さな葛藤。
結局、すぐに食べるときは直播を、食べるまでに時間がある時はビニールをずずっと引っ張って海苔と御飯を合体させるタイプを選らびます。

先日、おにぎりコーナーの前で立ちすくんでいる女性を発見、ちょっとしてから彼女は直播タイプとそうでないタイプと1個ずつカゴにとりその場を去っていきました。
思わず、やや斜め後方より「う~ん、その気持ち分かる、分かる」と心でつぶやいてしまいました。

さて、ちょっと話題はずれますが、青森県弘前市の山麓にある宿泊施設のおばあちゃん、癒しのおにぎりをにぎるという佐藤初女さん(84歳)をご存知ですか?
ずいぶん前にテレビで見てからずっと気になる女性の一人なのですが、「おにぎりで心のケア」をしてくれるおばあちゃんなんです。

「食べることができないのは心がつまっているから」と話し、その宿泊施設を訪れる人たちへおばあちゃん手作りの御飯を出し、必ず帰る日におにぎりをお土産にあげるのです。そしてそのおにぎりは、アルミホイルで直におにぎりを包むと海苔がべとべとになって美味しくないから、元気に美味しく食べれるようにと、おにぎりを一度タオルに巻き、それからホイルで包んであげるのでした。

訪れた人がおばあちゃんと握手し、そのおぎりをありがたくバックへ入れて帰る風景がとても印象的でした。
初代おばあちゃんの優しい心遣いに、私の胸まであつくなりさとと-涙

おにぎりを作るとき(めったにありませんが・・)、初代おばあちゃんを思い出します。
おにぎりって素敵だ~おにぎり







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。