スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラタンが食べたい

 
寒くなると食べたくなるもの、それはグラタン。
最近は、オーブンを使わないなんちゃってグラタンがマイブームです。
オーブンで焼きあがるまで待てなくて…つい食べ初めてしまったことが
きっかけです。

私のやり方を簡単にご紹介。
じゃがいもを、1口大くらいに切って圧力鍋でゆでる。
その間に、玉ねぎ、きのこをバターで炒め、
小麦粉を加え、牛乳・塩を投入し、適当に具入りホワイトソースを作る。
ここに、切ったウィンナーかソーセージを入れると子どもが喜ぶ。

ホワイトソースの3分の2を、ゆでたじゃがいもとざっくり合え耐熱皿に入れる。
オーブンを使わないから、耐熱皿じゃなくてもいーじゃん!
と思うが、
グラタン用の耐熱皿だと、ぐっと気分も雰囲気も上がるってもんです。
その上に、残りのソースをかけ、
パラパラのとろけるチーズをさらに刻んでかける。
このとろけるチーズを刻んで使う方法は、栗原はるみさんの手法です。

これらの作業を手早く行うと、ジャガイモもホワイトソースも
まだアツアツなんですよ。
とろけるチーズだけが冷たいので、レンジで少し温めて、
食卓へ、はいどーぞ!
焦げ目はつかないが、あたたかさは十分。
小さな子どもでも、やけどすることなくすぐに食べられます♪
じゃがいもをゆでるときに、一緒にマカロニを投入するのもおすすめ。

なんてことない作り方ですが…書いていたら食べたくなってきたーーー!


スポンサーサイト

冬物を洗うぞ!


春から初夏の気候へと移り変わってきましたね。
セーターや厚手のジャケットが見え隠れする収納を見つめながら、
本格的に衣替えをしなくては…と、頭を悩ませる日が続いています。

なぜまだセーターがあるかと言うと、
自宅で手洗いできるアイテムは、
なるべく手洗いしようという試みなのですが、
ここ数週間、週末の天気があまりよくなく、
後まわしにしていたのでした…。

セーター4枚、
キルティングのジャケット、
大判のウールストール、
ウールのカーディガン
ウール混のカットソー

これらを手洗いして、
干して乾かし、
防虫剤を一緒に入れて保管するまでを
1日で済ませたい。
部屋干しはいやなんです。


でも、どうやら今週末も天気が優れない様子。
早くしないと、梅雨がやってきちゃうよ~~~。


夏野菜がいっぱい

毎日野菜がたっぷり収穫できるこの時期、
ありがたいことに、実家の家庭菜園の野菜たちをいただきます。
そして、夫の実家からも同じように野菜をいただきます。

それぞれの両親が手間ひまかけて育てた野菜たちをムダにしないよう、
せっせと食べるには食べるのですが、
いただく時期も野菜の種類も同じため、

トマト・ナス・ピーマン各10個くらい、メロン4個、スイカ1個、
キュウリ10本、オクラ、パプリカ、シソの葉何十枚などが狭い台所に並ぶわけで…。
しかも、冷蔵庫が単身用サイズで入れる物に制限があり、
ちょっと気を抜くと、野菜たちがブヨブヨ、シナシナに。


とくかくムダにすることのないように!と、
キュウリは毎日漬物に。
さらに、キュウリの輪切りをタッパーにつめて、
それを私のお弁当にしたり。
主食もおかずもキュウリです。
もうカッパ用の弁当ですな。


明日からお盆休み。
泊まりで家をあけることも多いので、
今夜はさらに気合を入れて野菜を消費します!
予定としては、麺が隠れるくらいにキュウリの千切りをのせたじゃじゃ麺です。







マイナス10℃の世界

ここ数日、本当に寒かった・・・本当に。
盛岡の最低気温は連日マイナス9~10℃。
もちろん真冬日であ~る。

玄関の下駄箱上においている金魚たちが凍ってしまわないか、家族みんなで本気で心配してました。
なんせわが家(実家)は築40年オーバーの古い家。
台所やお風呂はリフォームしているものの、仏壇がある和室と言ったら…、
たぶん真冬日は外と同じくマイナスの世界では?

最近、そんな和室に、1歳になったばかりの娘が行きたがってしょうがないのです。
おぼつかないヨチヨチ歩きで冷えきった暗い廊下を通過し、
和室に入るとまずは仏壇に向かい「りん」をカンカ~ンと鳴らしまくり、
その後茶だんすに入っている「赤べこ」の首をなでなで。
気が済んだら、また廊下を歩き居間の扉の前まで行くのですが、
また和室に行きたいとだだをこねる。
その連続なのです。
同伴者(保護者)は私だったり母(ババ)だったりですが、
しっかり防寒して付き添わないと、こっちが風邪ひいちゃいますよ…。
今日も帰ったら、和室への冒険が待っているんだろうな~。さむ…。

魅惑の果実

みなさん、「アロニア」という果実を知っていますか?
え、知らない? 
そうでしょう、そうでしょう♪
9月25日号のマ・シェリ表紙で紹介するので、どうぞお楽しみにー!!!

その掲載のために、先日取材に行ってきました。
向かったのは、盛岡市(のはずれ)にある栽培地。
青い空、白い雲、森の緑が輝く、絶好のロケーション&天気で、
取材班はもうウキウキ

取材に応じてくれた生産者のFさん夫妻があたたかく迎えてくれ、
取材中も「ほれ、どんどんつまんで食べて~」と、そこらじゅうに実っているアロニアを
すすめてくださいました。おかげさまで、その日の午後は体がイキイキ。翌日のお通じも◎。
だけど舌の様子と色がちょっとおかしい…

さあ、魅惑のアロニア! いったいどんな果実なのでしょう
早くみなさんに伝えたいけど、がまんがまん。詳しくは次号のマ・シェリで



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。