スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい麺ならいくらでも…

毎日でもOK! というくらい、私は麺好きです。
和・洋・中のジャンルは不問。
汁があってもなくても、それぞれによろしい。
ただひとつ、私の麺喰いに影響があるとすれば、
それは熱いか、冷たいかというただ一点。

蕎麦、そうめん、うどん…和ものの麺は、どちらかというと
冷たいほうが好きです。
真冬でも、冷たい麺をつるつるいただきます。

で、熱い冷たいがどう影響するかというと、
冷たい麺ならいくらでも食べられるということ。
熱い麺なら、一杯、一皿で一区切りのゴールに達しますが、
冷たい麺だと、このゴールが見えないのです。

特に家で冷たい麺を食べるときは、2.5人前は食べる勢い。
大皿に山と盛られた麺を、今日は何合目まで制覇できるかと
己に無意味な戦いを挑むのです。

タレは市販の麺つゆですが、真夏のおすすめアレンジはこれ!
麺つゆを適量の酢で割り、トウバンジャンを入れ、最後にごま油を
タツッと加えて出来上がり。
アジアンな風が吹き抜けますよ。



スポンサーサイト

わたしのおやつ生活

私はもともと「こだわり」というものがあまり無いほうで、いろんな事にそこそこ広~く浅~く・・・という性分だと思うのです。
そんな私が唯一と言っていいほどのある意味「こだわり」を持っているのが、日々の営業活動中のおやつ!

もしかすると「こだわり」・・・というのとはちょっと違うかも(?)しれませんが、ひとつのおやつに凝りだすと1ヶ月から3ヶ月くらいのスパンでほぼ毎日それを食べずにはいられません!!
このある意味「こだわり」が始まったのは2年ほど前ですかね・・・。
きっかけは「サラミ」です。
コンビニの駄菓子コーナーで1コ9円くらいのやつです。
これが11個くらい入って99円というのにハマリだし、その当時はコンビニ寄っては3袋くらい買って、ほぼ一日一袋のペースで食べてました。
これがハマリ期間しては一番長くて半年くらい続いたかな・・・。

その後は
①コラーゲン入りマシュマロ(グレープフルーツ味)
②低カロリービスケット
③ドライいちぢく
④こんにゃくスナック
⑤満腹になるアメ
⑥ビールに合うおつまみ用「えだまめ」  などなど・・・
これ以外でもはまりそうになったおやつ達は数知れず・・・。

この歴代おやつ達の中でも一番の「長期こだわり」をみせたのは、やっぱり「サラミ」ですが今はブームがすっかり過ぎ去りました。そんな中で今でも買ったそばから一袋食べてしまうのは「ドライいちぢく」。あのこはおいしいね・・・、やめられないね・・・。

日々新たなおやつ達への開拓心は衰えることが無く・・・、コンビニ、ドラッグストアへ行くたびに、チェック!チェック!!です。

今現在「こだわり」ランキング1位は某コンビニでしか購入できない「おやつ小魚」です。
皆さんもこの歴代おやつ達を見つけたら、是非試してみて!!




やってみたかったんです。

私はお酒が大好き

先日飲みに行ったときのこと。
カウンターに座り、「さて!」とメニューを見たところ、
知らないお酒がいっぱい
わくわくしつつも、「これはいったいどんな味なんだろう…」というものばかり。

そこで、「私のイメージで作ってください!!」とオーダーしてみたところ、
出てきたのがこちら!

F1000031.jpg

かわいいカクテルが出てきたので大満足
店員さん、さすがです。
・・・私のイメージかどうかは、賛否両論あるかと思われますが・・・

ちなみに、甘酸っぱい味がしました

8時だヨ!

営業の私ではありますが、家庭では2歳の男の子のママでもあります。
最近の悩みは、もっぱら彼の就寝時間。
保育園のお友達は20時とか、20時半とか、遅くても21時までには
眠りについている様子なのですが、我家は22時を過ぎるのがザラです。
ものの本によりますと睡眠時間の短い子供は日中の脳の状態が
軽くお酒に酔っているようなカンジで、
集中力や思考力の低下をまねくのだとか。。
「そうだよな、ホント良くないよな」と思いながらも、19時に保育園に
迎えに行き、順調なら20時に夕食を食べ始め、父親が帰宅し、
スキンシップも大事だしちょっと遊んで、お風呂に入れ、なんてしていると
あっという間の22時。
わたしが子供の頃なんて『8時だヨ!全員集合』が始まると同時に
電気を消され寝てたよな、なんて毎日反省しながら
本気で工夫しなければ!と思うわけであります。





温泉に入って癒された~い

先日、突然思い立って青森県の青荷温泉へ行ってきました。
この温泉は、弘前市の手前の黒石市(八甲田山の中)にあり、
「ランプの宿」として知られています。
車で盛岡から十和田湖を目指して北上し、八甲田山を通過するルートで行くことにしました(アバウトな計画…)。

とりあえず、道に迷うこともなく八甲田山まで来ました。
山中、もう5月だというのに、雪の回廊を拝むことができました。
2メートル近くの雪の壁が延々と続きます。
初めて見たので、かなり興奮です!
青空と、木々の緑と、白い雪…
がんばって遠くまで来て良かったなぁ、引き返さなくて良かった、ホント。
しかし、この八甲田山、2時間以上走っても脱出できません。
地図上ではほんの2~3センチで、1時間弱で通過する予定だったのに…
峠なので、道がジグザグしてるのを考慮してませんでした(初心者にありがちなミス!)。
そして八甲田山もいよいよ終盤、小道に入ってラストスパートです。

そこで目にした看板!



「熊出没注意」


「…………」
一瞬凍りつきましたが、見なかったことにして進みます。
ものすごい峠の山道。しかも狭い。
ほんとにこの道であってる?と不安になりかけていたとき、
木にかけてある手書きの小さな看板発見。

1.jpg

アド5キロ? ああ、あと5キロですね!
しばらく進むと

2.jpg

この看板たちを見てたら、さっきまでの不安が消し飛びました。
わかった、けっぱる!

3.jpg

やったー!温泉はもうすぐ右なんだね!

こんな看板が、ゆうに50枚はあったでしょうか。
初めての来訪者を励ましながら導いてくれる、とても素敵な温泉の心遣いです。

そんな長旅でたどり着いた青荷温泉は、とても素敵な温泉でした。
山々に囲まれ、滝を見ながらの露天風呂。
混浴ですが、仕切りがあるので女性でも入れます。
部屋や廊下の灯りはすべてランプ。
温泉の方々も親切で、もう大満足でした。

見知らぬ道の旅も、たまにはいいもんです。
家に帰れば、「やっぱり我が家が一番だね」なんですけどね(笑

本当に泣けた本

この前、久しぶりにある絵本を買いました。
それは「いけちゃんとぼく」という絵本です。
ある番組で「感動したいあなたに!絶対泣ける本BEST 3」を紹介していました。その中の1位が「いけちゃんとぼく」。
かなり前に放送された番組ですが、早速「本当に泣けるにかな~」「絶対でしょ!」「でも気になる!」と思いながら本屋さんに行って買ってきました。
読んでみると、少年といつも一緒にいるおばけ(?)のような二人のほんわかストーリーから始まり、イラストもなんともいえないかわいい?滑稽な?イラストで「ニヤ」と笑いながら読んでいたら・・・・最後に・・・・いつもいっしょにいたいけちゃんの正体が分かった瞬間「泣けましたーー!!」そして「2度読みがさらに泣けました」・・・・・

キャッチフレーズ通り、「2度読み返してまた泣ける」「じんわりしみる叙情ストーリー」まさにそのキャッチフレーズにのまれた私でした。
友だちに紹介して(2名)今のところ、泣いた人2:泣かなかった人0です
まだまだこのリサーチは続けていこうと思います・・



お願いビリー

10年ひと昔とは言いますが、ひと昔あれば体型も変わるというもので・・・

この10年で増えた体重15キロ
あの頃はすべてがSサイズ、いくら食べても太らなかったっけ・・・(その結果か

気づけば服はどんどん着られなくなるし、ここまでくるといい加減カラダが重い。
そして、サプリメントやウォーキングなどでは、たるみきったこのカラダにはナマヌルイ!
・・・というわけで始めたのがコレ・・・

「ビリーズ・ブート・キャンプ」
ビリーズ・ブート・キャンプ

夜中のテレビショッピングで思わず釘付けになったコイツ。
現在爆発的人気で、マ・シェリ社員の中でも体験者がチラホラ。
トレーナー、ビリー・ブランクスの掛け声とともに、
女性たちがキビキビとエクササイズに励むその様子は一見すると「楽しそう
だがしかし・・・ですよ、いざ始めてみると

・・・ひぃ~っ! キ、キ、キツイ!!!

後日待っていたのは、それはそれはものすごい筋肉痛。
単純に楽しくできるシロモノではありませんでした。

でもね、なぜか続けてしまうから不思議。

DVD

前から映画が好きで、何年か前までは良く映画館で観てました。
必ずパンフを買っていて、かなり昔の映画パンフが今でも80冊くらい家にあります。
今は、なかなか映画館で観ることがないので、もっぱらDVDをレンタルしてますが、中でもイチオシなのがTVシリーズの「LOST」。
ジャンルは、サバイバルサスペンス!これがかなり面白く、もともとサバイバル系・サスペンス系はかなり好きなので、かなりはまっています。
現在シーズン2までレンタルされてますが、1週間レンタル狙いなのでなかなか借りれない・・・・・・
よーやく昨日シーズン2の5まで観れました。
まだの人かなりオススメです。ぜひ観てください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。