スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こわかった!

先日の集中豪雨、こわかった・・・
秋田の実家に里帰りしていて、盛岡に戻る最中の大雨でした。

一般道路では車の屋根よりも高くあがる水しぶきに襲われ、
高速道路では途切れることのない水たまりにハンドルを取られ、
疲れ切って家に着き、ニュースを見てビックリ!でした。

私が何よりも驚いたのはコレ。
米代川です

これは大雨の翌日に、私の実家近くにある米代川を撮影したもの。
河口付近ということもあり、向こう岸まで300メートルはあるでしょうか。
それはそれは広~い川幅を有しているのですが、それが今にもあふれそう!!
(写真右側が川面です。左側の堤防にせまる勢い)
これには背筋がゾクッときました・・・

スポンサーサイト

「SiCKO」 試写会に行ってきました

マイケル・ムーア監督の新作ドキュメンタリー映画、「SiCKO(シッコ)」を見てきました。マイケル・ムーア監督は「華氏911」で一おなじみですよね。今回は、アメリカの医療制度をコテンパンにやっつけておりました!

映画の冒頭、医療費を払えない男性が、裁縫で使う針と糸で、パッカリと割れた膝の肉を縫うシーンがありました。ひぇー! こんなこと考えられない!

アメリカでは、国民は民間の保険に加入しますが、どこの保険会社も人命よりも利益優先。この事実に気づいたマイケル・ムーアはその危険性をこの映画で訴えます。アメリカの医療機関といえば最先端な印象があります。しかし、実はその裏に弱者切捨て、金儲け至上主義の現実があるようです。アメリカには、日本でいう「健康保険」は全く無く、民間の「医療保険」だけで運営されているアメリカ医療制度は悲惨そのもので、保険に入っていなければ病院を追い出され、慈善施設の前に捨てられる。保険に入っていても昔の病歴を調べられ、誰でもかかるような疾患が一つでもあれば支払いを拒まれ、患者を治した医者は疎まれて、治療を拒否した医者が高額の報酬を受ける、といったとんでもない現象が起きていました。 ドラマのようで、しかし実際に起こっている悲惨なアメリカの健康保険の現状、かなりショックでした。

日本は、医療制度先進国(無償で治療を受けられる)とアメリカの中間あたりだと思うのですが、日本よ!どうかアメリカのような社会にはならないで!! 個人的には税金が多少増えても、皆平等に医療を無償で受けられる日がいつかきますように。と祈りたい。この映画を観たから余計にそう思ってしまうのかも。
ドキュメンタリーだからといって、堅苦しい映画ではございません。何といってもマイケル・ムーア監督の作品ですから・・・。皆さんもぜひご覧ください!

http://sicko.gyao.jp/(公式サイト)

夏の思い出

 今年の夏も暑かった! 特に、お盆前からお盆の最中は激暑でした。
 夏のネコは、どこまでも伸びます。空気に触れる面積を増やし放熱しようとしているのか、とにかくダラ~リと伸びまくります。
 ついでに人間もお付き合いでダラ~リ。同じ目線で写真を撮ってみました。ファインダーをはさんで、同じようなのがふたり…。ああ、暑苦しい…。 

20070907202759.jpg

だり~ん&ダリーン


20070907205112.jpg

「こうやって床にくっついてるのが気持ちいいねん」


 ネコがとぐろを巻くのももうすぐ。きゅきゅいっと丸まったところに、指をそっと差し込める季節ももうすぐ。うひひ、楽しみ!

今の世の中は大変便利である。最近は好きな番組はオンエアで視る回数より、録画したVを視る回数が増えてしまい、技術の進歩にはすごく感謝している。
休日や平日夜の楽しみである。
つい先日出勤しようとすると、休みでボケボケしている妻が突然「...無い!!」思いっきりでかい声で叫んだ。さらに「...ヒドイ!!」
「なになに!?」
どうやら楽しみにていたVが消されてるというのである。自分は記憶に無いんで、「えェ~俺!?」「行ってきまーす...」
とりあえず家を出て出勤途中冷静に考えた。
どう考えても俺だ。録画容量を気にして気がついたら消すクセが身に付いていて、パッパパッパと消していく俺。
ビデオと違い大変便利なレコーダー。がしかし、操作するのは人間。
あー、消したものは二度と戻らない........
あとで妻にメールして今日は飲み会があることにしようか、謝るべきかちょっと迷った朝でした(苦笑)

祭りばやし

「ドドン、ドドン、ドドン、ドドン」太鼓
「ぁヤレッ!ぁヤレッ! ぁヤレ、ヤレ~ ヤレ~」

という掛け声は、岩手独特な祭りの声掛けなのでしょうか?

暑かった夏、お盆を終えると同時に、東北では楽しかった夏休みも終わりを告げる。
「あ~とうとう学校が始まってしまったな~」とちょっぴりセンチメンタル?になる夕暮れ時には、どこからともなく祭り太鼓の練習音が聞こえ、「あ~秋が来るんだな~」と秋の訪れを感じる。
こんな秋のはじまりが私の小さいときからの習慣でした。

今年も、実家の秋祭りは終わり、今週は花巻祭り、来週は盛岡八幡宮、遠野まつり、といよいよ秋祭り本番! 

一年の豊作を各地域鎮守の神様にお礼(感謝)をするお祭り、
今年もどんな山車が登場するかとても楽しみ~な昨今です。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。