スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッチャーがえし

時差1時間のおかげか、ライブで大いに楽しめた北京オリンピック。
開催前も開催中も、終わった後も、さまざまな議論が噴出しましたが、
競技を見れば、やっぱりオリンピックは選手と、
応援する人たちのためのものであってほしいと思います。

ところで、オリンピックのたびに毎回軽く驚くのが、その競技種目の多さ。
おおそうだった、こんな種目もあったわねと、テレビに向かって一人つぶやく私。

なかでも射撃は、毎回つぶやきの対象にされる定番種目。
しかも、私は毎回たぶん同じ事を言っているはずです。

「しぶい競技だよねえ。究極の個人種目だよね。ユニフォームもないもんねえ」

ポロシャツ、Tシャツ、ジャージ、コットンパンツ…。
私にはすべて選手の私服のように見えたのですが、国の誇りをかけた
ユニフォームだったらごめんなさい。
でも、自宅からふらりとやって来たようなさりげなさが、
この繊細な競技の奥深さを表しているようで、非常に興味深いのも事実です。

「究極の個人競技・射撃」の対極にある団体競技、
ソフトボールの金メダルにはもちろん大感動。

エース上野の激投に、守備で打撃で応えるチームメート。
勝った試合のハイライトは何度見てもいいものですが、
私が見た限り、鋭いピッチャー返しを、エース上野がしっかりキャッチしたシーンは
映っていなかったように思います。

実は私、高校一年生のときの球技大会でソフトボールのピッチャーを務め、
顔面にピッチャー返しをくらい、気がついたら保健室に寝ていたという
経験があります。

トップアスリートと一緒にするのも恐縮ですが、
気を失って運ばれたのは、後にも先にもあの1回だけです。





スポンサーサイト

パン…!

最近はまっているのは、パン。
平均週4回はお昼にパンを食べています。
行くお店はほぼ3、4店舗に決まっていて、店ごとに買うパンはだいたい一緒です。

好きなタイプのパンはフランスパンのように、「噛むの大変だね・・・」というくらい
しっかりしていて、でもかめばかむほどに、じんわりおいしさをかみ締められるもの。
そして、多少中はもっちりしてるなおいいのです。
さらに、くるみとかドライフルーツ系が入ってるのが大好き!です。

かれこれ、このブームが始まってから2ヶ月くらいたつでしょうか?
このブームで一番気をつけたいのは、「やっぱりパンは太るかも?!」ということ。
おいしさに負けてついつい、2個でやめておこうと思ってもレジに並んでると、
なぜか3つトレイに乗せてしまっているもこともしぱしば・・・。

そんなある日、本屋さんでステキな本を発見しました。
「ふとらないパン」というタイトルのついた手作りパンの本です。

読んでみると「パター」「牛乳」「卵」やらの高カロリーであろう材料を使わずとも、
ふっくらしたパンを作れる。という魅力的な内容に、とりあえず購入し、さらにパン
づくりグッズも買い求め、作ってみました。

パン-1

できるもんだね。
ちなみにこれは、「栗」と「くるみ」の入ったわりと歯ごたえのあるパン。
カロリー的には、市販の同じようなパンのカロリーの30%OFFです!

ステキな本に出会ったものだ・・・!
作ったパンは4種類くらいですが、いづれもおいしい!(自我自賛で…)

パンづくりは難しいと思っていたのですが、以外にできるものだと納得。
たぶん本の指導がいいからだと思います。

これから少しづつレパートリーを増やしていきたいものです!


最高の朝日

RSR


北海道・石狩で行われる、オールナイトの野外ロックフェスティバル
「RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO」。

「みんなで最高の朝日を見よう」を合言葉に、
1日目は15時ころに始まって夜中2時くらいまで。
2日目は13時ころに始まり、夜通しライブが繰り広げられ、昇る朝日を見ながら終演・・・という
まさにロックのお祭りのような夏フェスです。

参加するようになって今年で4年目。
しかも今年は、ライジング・サン自体が10周年!
記念の年だけあって、アーティストも豪華!
今年は絶対に混むはず、と予想して早めに到着したにもかかわらず、
開場前から、5000人が長蛇の列を作っていました

1日目は残念ながら強い雨
テントを立てるのも一苦労。夜にはようやく小雨になったものの、こんな天気で朝日は見れるのか?!

そして2日目。どきどきしながら目を覚ますと・・・
なんと快晴ではないですかー
一気にみんなのテンションUP
寝るのも忘れて音を楽しみ、出店で北海道の味を楽しみ、あっという間に夜が更けていきました。

トリ前の「サニーデイ・サービス」が演奏を終えたころ、次第に空が虹色に変わりだしました。
そして、大きな朝日が昇ってきたのですー!!
今まで見たなかで、いちばんキレイな朝日。言葉が出ないほどでした。
メインステージでは、大トリの「東京スカパラダイスオーケストラ」が演奏をはじめ、
「こんなにきれいな朝日は初めてだよ!」とメンバー。
この夏の最高の思い出になりました

キャー!!!

営業の私。
先日までの外歩きはビクビクでした
何故かというと岩手県(北?)に大量発生した『マイマイガ』という『蛾』のためです。。

いやー、恐ろしかったとデス。あの何日かどこを見ても必ずアイツがいるのですから!
おんなじ『蛾』がいっぱい!!キャー!!!
会社でも家でもその話でいっぱいいっぱい。
行き帰りの自転車はお口を閉じてGO!なるべく見ない見ない
この世で一番嫌いなものは『蛾』なんだと再認識しました。
とにかく不気味でした。

でもおかげで、みんな『蛾』の生態に詳しくなりました。
わたしのとなりの〝いわめぐ〟さんや〝ともこ〟さんは、よく見て研究?していらっしゃる。
熱心なことは良いことです。

来年はどうなることか。。今から心配です。
どなたか助けてください(泣)



ROOOOOCK!

6月のいしがきミュージックフェスティバル以来、
夏フェスにどうしても行きたくなった私。
先週末、茨城はひたちなか市で催されるROCK IN JAPAN FES'に行ってきました。

深夜2時半起床→3時に出発→車で仙台まで
→バスに乗り換えて会場(茨城)まで→丸一日フェス
→夜行バスで仙台まで→車で帰宅


という、夫とふたり、見事なまでの弾丸トラベラーでしたが、頑張る価値はありました。
楽しかったーーーーー!
もともと好きだったアーティストはもっと好きになり、
あまり興味のなかったアーティストにも惚れ惚れ。
カラダいっぱいに音楽が入ってきて、
芯から元気になりました!!!
5歳は若返った!!!

しかも、一日中、人だかりにもまれ、跳ね、踊り、汗だくになったので、
こりゃあ1.5kgは痩せたな・・・とほくそ笑む私。
しかーし!
早朝からおかしなテンションだったため、
仙台から盛岡に戻る途中のサービスエリアで、
超大盛りのラーメンを食べてしまった(バカー)

こんなわけで、夏フェス美容法は不発に終わりましたが、
フェス自体にはどっぷりハマりました。夏、最高
来年は計画的にいくつか回ろうと思います!

山もいいけど川もイイ!

先月27日に「北上川ゴムボート川下り大会」に、初参加しちゃいました!

前々から出てみたいな~とは思っていたのですが、今年マ・シェリに仲間入りした
ともこサンも「出たい!」というので、「よっしゃーー!!」と即申込み。
ボートの貸し手を探したり、オリジナルTシャツを作ったりしているうちに、
あっという間に大会当日はやってきました。

事前にまわりの経験者に聞いたところ、
「飽きるよ」とか、「なかなか進まなくてケンカになるよ」とか、「日焼けしちゃうよ?」とか
わりとマイナスなことばかり言われていたのですが、

実際やってみたら
こーれが楽しいのなんのって!!!


先の流れを読んでのコース選択もバッチリ、進みたい方向にグングン行けちゃうので、
「ウチら、スジいいんじゃないの~!?」
と、自画自賛しながら楽しく漕ぐことができました。

あえて流れが激しいポイントに突っ込んでみたり
橋の上から見ている人たちにアイドル気分で手を振ってみたり
まわりの緑に癒やされたり・・・
気がつけば、ゴール地点の開運橋まではあっという間。

「ゴールするのがもったいない・・・」

「このまま海まで行ってしまいたいッ!
という思いに駆られたのでした。
いやー、ほんとに楽しすぎてどうしようって感じでした。
今まで川を下ってこなかった人生を軽く後悔するほどに・・・。

おそろいのTシャツを着て応援に来てくださった、編集長、Hさん、K子さん、
ありがとうございました!
(来年はゴール後のバーベキューなんぞ期待してまーす
Tシャツをデザインして下さったK田さん、無茶苦茶なスケジュールをのんで
制作して下さった、オフィスタンクバッグさんにも感謝・感謝でございます。

来年も「Hena-Choco Paddlers」というTシャツを着た2人組を見かけたら、
どうぞ応援よろしくお願いいたします!

川下り01川下り02

今日からさんさ踊り

今日から4日まで、楽しみにしておりました「盛岡さんさ踊り」です。参加はできませんが、明日土曜日は、お祭りをみに街へ出かけます。「サッコラーチョィワヤッセ」の掛け声とともに、鳴り響く太鼓の音、
いまから楽しみです。みなさんもぜひ、「どんど晴れ」で県外からも注目を集めてた「盛岡さんさ踊り」にお出かけしましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。