スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ、お好み焼きマスター

8月27日(土)、「マ・シェリカップ2011」を開催いたしました。
「マ・シェリカップの日は晴れの特異日」と聞きましたが、その通りにいい天気に恵まれました。
空は青く、秋の気配を感じる心地よい風が吹き、絶好のゴルフ日和(晴れすぎて日焼けに悩むくらい)!

マ・シェリスタッフは、参加者のみなさんをホールにお送りした後、クラブハウスで作業をしておりました。
スタート時に撮影した写真を出力したり、その写真を元にベストドレッサー賞やベストカップル賞の選考をしたり、表彰式の準備をしたり…。
中でもメイン(?)イベントは、みなさんに振る舞うお好み焼きの仕込み!
3人がかりでキャベツをみじん切りにし、ブルドックソースさんの指導のもと、お好み焼きを焼きます。

センエツながら私、焼き係でした。
料理は苦手ではないのですが、お好み焼きは得意ではありません。うまく焼けるかしら…。

ブルドックソースさんに焼き方のコツを伺うと、
・キャベツは多めに。キャベツに粉が絡んで、ふんわりと仕上がる。
・種にキャベツを入れたらすぐに焼く。時間が経つとキャベツから水分が出てしまうのでべちゃっとしてしまう。
・豚バラ肉は、厚くない方がお好み焼きには合う。
・種を鉄板に置いたら、軽く形を整え、2分→(上にお肉を乗せて)ひっくり返して5分→ひっくり返して3分焼く。
・形を整えたら、コテで上から押さえつけない。ふんわり感が損なわれるので。
・そして、お好み焼きの素と仕上げのソースは、やっぱりブルドックソース♪

この通りに焼いてみたら、私にも上手にできました!
参加者の皆さん、お好み焼きはいかがでしたか? お好み焼きで午後もがんばれた、となったら、焼き係は鉄板の前で汗を流した甲斐がございます。

来年のために、お家でさらにお好み焼き&コテさばきに磨きをかけようと思います。
「お好み焼き、気になる…」という方は、ぜひ、来年のマ・シェリカップにご参加くださいね!(あくまでもメインは、ゴルフです…)

お好み焼き
いちばん手前が私の焼いたお好み焼き。おいしそう? いえいえ、おいしいんです!

スポンサーサイト

ノスタルジックな思い出のはず・・・

朝の番組で、1分アニメ「ガッチャマン」をほぼ毎日見ている。
すごくゆるい感じ…。
本来のストーリーは知らないが、「正義の味方と悪者が戦う」という
基本は変わっていないよう…ですが、
内容がすこぶるゆるく、見逃せないのです。


そしてガッチャマンと私にはゆかりがあり、かれこれ30余年あまり
さかのぼった記憶があります。

私が2、3歳の頃、ハハが私にごはんをたべさせているのを
カセットテープで録音したのが残っていて、
それを20代前半に初めて聞きました。
その会話はなかなかごはんがすすまない私と、
なんとか食べさせてたいハハの会話。
テレビではガッチャマンが放送されているようで、

ハハ「ほら、ガッチャマン…、ガッチャマン…」と
あまり意味がないご飯への誘い文句が数十分、録音されていました…。

これを聞いた当時、ビデオの映像ではなく「カセットテープの録音」
というちょっとノスタルジックな雰囲気漂う思い出に
ちょっと感慨深いものの感じたのでした…。


ということを、朝のゆるいアニメを見て思い出し、
早速ハハに「カセットテープまだもってるよね?」と、
持ってること(しかも結構大事めに保管してあるはず!)を
前提に話したら・・・。

しばらくの沈黙の後…、「あぁ~、よく覚えてたね…」
と予想をはるかに下回るテンションの低い回答。


「まだ持ってるよね?」と望みをかけた問いかけに…。

「う~ん、どこさあるかね・・・・・・」


思い出は意外に掘り起こさないほうがいい場合もあるね…。


潜入!日本の火祭り!!

neubta2 nebuta neubta3



マ・シェリツアー「青森ねぶた祭りツアー」に添乗し、
みなさんと青森までご一緒してきました!

初めてちゃんと見たねぶた祭り。
ねぶたの鮮やかさ、雄雄しい表情!
細部まで作りこまれていて、素晴しかったです。
そして、「ラッセラー」のリズムが楽しい!!
見るだけでなく、跳ねたくなりますね。
津軽乙女の友人が
「跳ねないと夏が始まらない」
と言っていた意味がよくわかりました。

外国人のカップルが楽しそうに跳ねていたり、
ケータイで「次、どこ(の団体)で跳ねる?」と連絡を取り合っている女の子がいたり。
みんな表情がイキイキ。
私もいつかは跳ねてみたい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。