スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい手帳にしました

なんで今どき?と思われる方も多いと思いますが、実は今どきなんです
文具店、書店 だいだい的にコーナーを設けているのです

カレンダーと同じく新年に新しい手帳を というのが日本人の常識かもしれませんが
これが案外使いにくいのです

年末年始をまたがる期間で2冊の手帳を同時に持ち歩かなければならないからです
予定を組むのは前年の手帳 そこに相手先データ(電話番号とか)をメモることが
結構ありませんか?

そして、年が明けて実際そのスケジュールを実行するタイミングには前年の手帳は
机の中 「訪問先に連絡を入れたいが、電話番号がわかららない・・・」

それを解決してくれるのが 10月スタートの手帳です

外国では 10月から新年度という地域も多いからか、従来から10月スタートが
普通だったらしいのですが、その文化が日本にももたらされて今やスタンダード化
しつつあるのでは

確かに切り替え時期は2冊に書き込み、両方持ち歩かなければなりませんが、特に
あわただしい師走年末に持ち歩くよりはましかもしれません

あるいはこの時期だと多少時間に余裕があり、新手帳への書き写しの時間が取りやすい
という事も言えるのでは

このご意見に賛同の方は是非 文具店、書店に足を運んでみて下さい

スポンサーサイト

グラタンが食べたい

 
寒くなると食べたくなるもの、それはグラタン。
最近は、オーブンを使わないなんちゃってグラタンがマイブームです。
オーブンで焼きあがるまで待てなくて…つい食べ初めてしまったことが
きっかけです。

私のやり方を簡単にご紹介。
じゃがいもを、1口大くらいに切って圧力鍋でゆでる。
その間に、玉ねぎ、きのこをバターで炒め、
小麦粉を加え、牛乳・塩を投入し、適当に具入りホワイトソースを作る。
ここに、切ったウィンナーかソーセージを入れると子どもが喜ぶ。

ホワイトソースの3分の2を、ゆでたじゃがいもとざっくり合え耐熱皿に入れる。
オーブンを使わないから、耐熱皿じゃなくてもいーじゃん!
と思うが、
グラタン用の耐熱皿だと、ぐっと気分も雰囲気も上がるってもんです。
その上に、残りのソースをかけ、
パラパラのとろけるチーズをさらに刻んでかける。
このとろけるチーズを刻んで使う方法は、栗原はるみさんの手法です。

これらの作業を手早く行うと、ジャガイモもホワイトソースも
まだアツアツなんですよ。
とろけるチーズだけが冷たいので、レンジで少し温めて、
食卓へ、はいどーぞ!
焦げ目はつかないが、あたたかさは十分。
小さな子どもでも、やけどすることなくすぐに食べられます♪
じゃがいもをゆでるときに、一緒にマカロニを投入するのもおすすめ。

なんてことない作り方ですが…書いていたら食べたくなってきたーーー!


歩いて走って

食欲の秋を迎えて、まわりには食べたいものばかり・・・
たくさん食べたいけど、体重管理もしなければならないし~
というわけで、ウォーキング&ランニングを始めました
きっかけは、美容院でみた雑誌です
10日間毎日走ると体が変わると書いてありました
息が切れなくなると言うんです
疑り深い私は、とりあえず10日間走ることにしたのです
ところが3分も走ればゼエゼエしてしまう~
そこで、走ってゼエゼエしたら歩いて、また走るを繰り返してみました
雨の日以外は、45分継続してみたところ・・・
みんなから「痩せたんじゃない? 締まったんじゃない?」と声をかけられ、ちょいいい気分
体重はほとんど変わっていませんが、体脂肪率が落ちました!!
なんといっても、食べたいぶんだけ思いっきり食べていることが最高です!
食べるために運動をする!というのが、本当に健康上いいのかわかませんが、雪が降るまでは続けて行こうと思います^^

保育園イベント

週末、子供の通う保育園でイベントがありました。
子供達はもちろん父兄も先生方も楽しみにしている日。

ゲームや工作コーナー、バザー、探検を楽しむ迷路のようなコース、そして食堂。

昨年は私は見て楽しむ側として子供と参加しましたが、今年は食堂係として奮闘!
我が子はパパに預け、係の作業へ取り掛かります。


焼きそば、カレー、おでん、パン、フランクフルト、アイスクリーム♪
「どれもおいしそう!!」
食いしん坊の私は、目の前にある食べ物たちにうっとり・・・。



なーんて、そんな時間はありませんでした。
お父さんたちが一生懸命焼いた焼きそばをパックにつめ、紅しょうがと青海苔をのっけて、輪ゴムでパッチン。
この作業を約200食分。

うー、見ているだけでお腹いっぱい!

でもこの仕事好きかも!と思った瞬間がありました。
作り終わった時はもちろん、全てを売り切ったあの爽快感ったらもう!
やみつきです。

なかなかスムーズに進行し、他の父兄のみなさんとも親しくなれ楽しいひとときでした。

ママたちにとっては、
できれば避けたい役員の数々・・・。
今年頑張ったから、来年はきっとこの出番はないだろう・・・


そんな考えも甘く、
「来年も食堂係ね!」
終わって早々、誘われてしまったのでした。

よし!来年はさらに楽しむぞ。












ステーブ・ジョブス


環境がら、MACを使っている友達、知人が多くて名前くらいは知っていましたが、
彼がどれだけ偉大な人だったかとうことを、亡くなってあらためて知りました。

きっと、世界中にはそんな方が沢山いたことでしょう。
ニュースで放映されたコメントを聞いて本当にすごい人だったのだな~と改めて思いました。
アイシュタインのように?宮沢賢治のように??
いつの時代にも「天才」と呼ばれる方はいるのですね。

我が家では、私の感動具合を見てなのか、
まったくマシンには疎い我が家の母もこの人そんなにすごい人なの?
とジョブスに興味が湧いたらしく「ここに名前を書いてちょうだい!」
とメモ用紙を渡され、仕方なくカタカナで書いて渡しました。


こんなジョブスを発見!もうみなさんはご存知でしょうか?
MACで肖像ができるとは思っていなかったことでしょう。
お時間ある方、是非見てみてくださいませ。



http://www.cultofmac.com/121719/check-out-this-astonishing-portrait-of-steve-jobs-made-from-macbook-parts/

炊き込みご飯

紙面で手づくり料理企画をやることになり、編集部は久々に社内クッキングを行いました。今回のお題は、秋の炊き込みご飯。「簡単」「安い」「めちゃくちゃ美味しい」をテーマに、スタッフが持ち寄った4台の炊飯器で4種類の炊き込みご飯にトライ。3合炊きの小さい炊飯器がずらりと並んだ様子はなかなか壮観。いまどきの炊飯器は色もデザインもいろいろあるもんだと、小さく感動してしまいました。

定番メニューからアイデア系まで、すべてベリグー! な仕上がり。なんて手柄顔で言うのもおこがましいのですが、私は調理にはノータッチで、撮影終了後に全種類を美味しくいただいただけ。

どんな炊き込みかは、マ・シェリ10月21日号をお楽しみに! レシピもバッチリ紹介するので、その晩絶対作りたくなりますよ。

とはいえ実は私、子どもの頃は炊き込みご飯が苦手でした。パンよりご飯、しかも塩辛おかずに白いご飯が大好き。米は銀シャリに限るという、昔のお父さんみたいな舌を持つ渋い子どもだった私。必然的に、食卓にはあまり登場することがありませんでした。それがいつごろからか、苦手どころか、むしろ好きになっていったんですね。

アツアツでも冷めても、どちらも美味しい炊き込みご飯。栗ご飯など、微妙に甘い味が嫌で絶対に食べなかったものも、いまではウエルカム。どなたか美味しくできたら、ぜひご馳走してくださいね。

秋ですね。

日が沈むのが早くなって、朝晩は冷え込んできました。
お昼でも時折肌寒いことも。
日に日に秋めいてきましたね。

秋といえば食欲のとか、芸術のとか、スポーツのとか色々ありますが、
私の場合は秋の花粉症ですね。
3年くらい前から突如、目のかゆみとくしゃみの連発に教われました。
症状は春花粉と変わりありませんが、秋にも花粉が飛んでるんですよ~
春も花粉症なので、1年の半分は花粉症です。

でも明日から3連休!花粉に負けず、秋を楽しんできたいと思います
では、みなさんもよい休日を~

物産展&…猫も少し

昨日、マ・シェリでもご紹介した、カワトクで10月5日(水)まで開催中の
「京都老舗めぐり」に行ってきました。 
第一の目的は、憧れの「つげ櫛」を買うこと。目的をしっかり遂げ、現在櫛は
オリーブオイルの中で眠っています。2日後に取り出して使うのが楽しみ。

櫛


 そして物産展の楽しみといえば、やはり「食」。
 バラ寿司にだし巻き玉子、京風弁当までいろいろありましたが、今回購入したのは、
開晴亭の「ビーフカツサンド」。いつかは食べてみたかった、こちらも憧れの味。
カツサンドにしてはお値段が張りますが、たまにはいいでしょう!

ビーフカツサンド

お肉のバラ色もきれいなレア。衣が薄いので、カツというよりステーキ。しっとり
きめ細かく本当にやわらかくて大満足の味。香ばしく焼いたパンもこれまた美味!
おすすめです!

ほかに、すぐきの漬物とちりめん山椒を購入。…物産展って、なんでこんなにテン
ション上がるんでしょうね? 


あ。猫も元気です。

あらた甘え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。