FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにぎり

「じゃじゃ麺」「うどん」のあとに「米」の話です(^^;

さて、おにぎりをコンビニやスーパーで買うというのがごく当たり前になった昨今ですが、私が最近スーパーでおにぎりを買うときに小さく葛藤するのが、海苔が直播のおにぎりにするか、否か。
御飯にしっとりとした海苔がいいか、パリッとした海苔がいいか、のごく小さな葛藤。
結局、すぐに食べるときは直播を、食べるまでに時間がある時はビニールをずずっと引っ張って海苔と御飯を合体させるタイプを選らびます。

先日、おにぎりコーナーの前で立ちすくんでいる女性を発見、ちょっとしてから彼女は直播タイプとそうでないタイプと1個ずつカゴにとりその場を去っていきました。
思わず、やや斜め後方より「う~ん、その気持ち分かる、分かる」と心でつぶやいてしまいました。

さて、ちょっと話題はずれますが、青森県弘前市の山麓にある宿泊施設のおばあちゃん、癒しのおにぎりをにぎるという佐藤初女さん(84歳)をご存知ですか?
ずいぶん前にテレビで見てからずっと気になる女性の一人なのですが、「おにぎりで心のケア」をしてくれるおばあちゃんなんです。

「食べることができないのは心がつまっているから」と話し、その宿泊施設を訪れる人たちへおばあちゃん手作りの御飯を出し、必ず帰る日におにぎりをお土産にあげるのです。そしてそのおにぎりは、アルミホイルで直におにぎりを包むと海苔がべとべとになって美味しくないから、元気に美味しく食べれるようにと、おにぎりを一度タオルに巻き、それからホイルで包んであげるのでした。

訪れた人がおばあちゃんと握手し、そのおぎりをありがたくバックへ入れて帰る風景がとても印象的でした。
初代おばあちゃんの優しい心遣いに、私の胸まであつくなりさとと-涙

おにぎりを作るとき(めったにありませんが・・)、初代おばあちゃんを思い出します。
おにぎりって素敵だ~おにぎり







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。