FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもやはり…

今年の桜は、いつもより少し遅かったような気がします。連休中に石割桜が満開を迎えるなんて、ここ数年なかったような…。そして、岩手公園(盛岡城址公園とは、いまだに誰も呼びませんよね)も、高松の池も、盛岡の桜の名所がほとんど同じタイミングでピークを迎えるって、ありそうで案外なかったかもしれません。

自粛ムード漂うなか、市内のさくら祭りは中止となり、夜桜を照らすぼんぼりもありませんでした。それでもやっぱり桜は咲くし、咲いたら花見したくなるのは自然の理。

桜の季節は血が騒ぐ、典型的日本人の私。連休初日の午後岩手公園に行ってみると、いつもほどの賑わいではありませんが、思い思いの花見を楽しんでいる人たちがいました。なかでも一際異彩を放っていたのが、市内某女子高のグループ。

ショートカットに揃いのジャージ。何かの運動部の部活仲間のようでしたが、ブルーシートの上に車座に座り、ひとりずつ立ち上がっては一発芸を披露。そのたびにどれもこれも大ウケ。まわりの顰蹙をかうようなバカ騒ぎではなく、ただただ楽しくてしょうがないといった真っ直ぐな笑顔と歓声に、なぜか胸がジーンとしてしまいました。

いいぞ、女子高生! その元気が世界を照らすのだ!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。