スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞音曲 ライブにGO!

いわゆる歌舞音曲が大好きな私。10年前は神楽にちょっとはまり、昨年は文楽(人形浄瑠璃)を初めて生で見ました。命を吹き込まれた人形の圧倒的な存在感に目は釘付け。激しく、ときに繊細に奏でられる三味線にもハートを揺さぶられましたが、じつは太夫が語る浄瑠璃(何を言ってるんだかさっぱりわからない)が文楽の醍醐味なんだとか。なにしろ超ビギナーなので、次がんばります。

今年9月15日は、遠野まつりでしし踊りを堪能。白く長いたてがみを振り乱して舞うししの姿は、神々しいまでの躍動感にあふれています。郷土芸能の宝庫でもある遠野。語り部だけでなく、こちらもおすすめですよ。

年を重ねるごとに伝統芸能や郷土芸能がどんどん好きになる私ですが、ロックなんかも大好きです。盛岡の一大音楽イベント、いしがきミュージックフェスティバルには毎年行っています。メインステージを飾る人気バンドはさっぱりわかりませんが、芝生広場の舞台すらないステージで、約50人の観客に魂のパフォーマンスをぶつけるパンクバンド「人生補欠」にはしびれました。昨年はたしか違う名前で出ていたけれど、お客さんの数は確実に増えてました。私を含め、ファンと呼んでも差し支えない人たちだと思います。来年も待ってるよ!

で、極めつけは10月4日のCharのライブ。ギター小僧の永遠のあこがれ。かっこよすぎでした。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。